"「貴方はどうして賃貸を選ぶのですか?」という質問に対して多くの人が「持ち家よりも便利だから」と答えます。
確かにいろいろと規則が定められている賃貸ですが、普通に生活をしていればとっても便利でお得なのです。マンションについてですが、室内の設備や間取りを考えますとアパートと比較をしたところであまり差を感じません。
見た目が似ているのにも関わらず、防音対策はアパートよりも高くなっているのがマンションの大きな特徴の一つです。

 

管理体制や共用部分の設備についてですが、マンションにおきましては家賃に限ったことではなく、管理費もアパートよりやや高めに設定されていることが多くあります。
アパートでは1000円〜数千円程度となる管理費が、マンションの場合となると数千円以上からとかなりの開きがあります。鉄筋コンクリート造や鉄筋鉄骨コンクリート造などといった耐火構造された集合住宅のことをマンションと呼んでいます。
建物の耐久性は当然ですが、その他オートロックや宅配専用のロッカーなどがあるケースが多いです。"



アパートよりも賃貸マンションを選ぶメリットブログ:2019/08/23

減量には
いろいろな方法がありますが、
中でもお風呂を使った減量というのが
注目されているようですね。

お風呂に入ることで、
なぜ減量効果が期待できるかというと…

お風呂に入ること身体が温まり、
血行が促進されるという効果が期待できます。
血流が良くなることによって、
身体中の細胞に栄養分を届ける効率もアップします。
すると、細胞の働きも活性化し、
結果的には消費されるエネルギー効率も良くなるというわけです。

以上が、
お風呂減量のメカニズムと言えます。

…と言う事は、
お風呂の入り方によって、
より大きな減量効果を
得ることができるかもしれないですよね?

それは、
ご飯をする前に入浴をするということです。

ご飯をする前に入浴すれば、
胃液の分泌をおさえることができます。

胃液がより多く分泌されると、
空腹感を感じることになりますし、
より多くのご飯を食べることもできてしまいます。

ところがあらかじめ入浴をすることによって、
胃液の分泌をおさえることができるようになるのです。

結果的に、
食欲の増大を抑えることができ、
ご飯の量を自発的に抑えることができるようになるわけです。

「自発的に」抑えることができる
というところがポイントです。

強制的にご飯の量を抑えてしまうと、
どうしてもストレスを感じます。

でも、ご飯の前にお風呂に入るようにすれば
余計なストレスを発生させませんから、
継続的に減量を実行することができるわけです!

応援クリックしてね・・・プチ(まあ、ランキング貼ってないけどw)