"転勤や家庭の事情によって引越しをすることになった時、持ち家ではどうしても気軽に引越しをするワケにもいきません。
しかし賃貸物件でしたら、最低限の手続きと荷物の移動だけで気軽に引越しをすることが出来るのです。雑誌を確認していて自分の希望に近い部屋があったのでしたら、不動産会社に連絡すれば問題ありませんが、そうでない場合は条件をもう一度考えなおす必要があります。
確かに条件というのは物件探しで非常に重要なことですが、妥協をすることも大切なことなのです。

 

自分の求めている物件条件の幅を広げることによって、より良い物件に巡り合うことが出来るでしょう。
もちろん予定家賃設定を上げれば理想の条件に合う物件と出会えますが、後々のことを考えてなるべく家賃設定の変更はしないようにしましょう。不動産屋の担当者に貴方の条件を伝えることが出来たら、その条件が現実に可能なのかを確認しましょう。
もし現実的に不可能な条件のようでしたら、多少なりとも条件の幅を広げて不動産屋に再度相談をしてみましょう。"



設定した条件が現実的かを確認ブログ:2019/10/08

皆さんはストレスをため込みやすい性格ですか?
ストレスをため込みやすいなら、
減量がなかなか上手くいかないのでは?

減量とストレスって、大きく関係してるんですよね!

脳がストレスを感じると…
いくつかストレスの解消法はありますが、
その中でも食べることによって、
このストレスを解消してやろうという風に
脳が判断をすることがあるそうなんです。

「ヤケ食い」などという言葉があるように…
何か心にもやもやしたものがあると、
意外な量を食べてしまうことはありませんか?
また知らず知らずのうちに
食べ物をクチに運んだことはありませんか?

このような食への行動というのは、
実は裏にストレスが隠されている可能性があるんです。

ということは、
まずストレスを解消することこそが
減量の前提条件となるわけです。

ストレスを解消する方法は、何でもいいんです。
食べること以外なら…

ぼくは「歩く」ことで、ストレスを解消しています。

人はからだを動かすことによって、
精神的にリラックスした状態になります。

イライラしていても、からだを動かすことによって、
少し気分が落ち着いてくるという経験をしたことはありませんか?

運動がキライとか、運動音痴という人でも
歩くことぐらいは誰にでもできるはずです。
しかも運動ですから、ストレス解消とともに
減量自体の効果も期待することができます。

運動をする時のポイントは、「義務」という風に感じないことです。
「気晴らし」という感じで、取りかかってみましょう。
運動自体がストレスになってしまっては、本末転倒ですからね!

どんとはれ